キャッシングの債務整理を担当した人の対応

お金と言うものは、どんどん懐に入って行くと、貯めようとするもので、余りお金に困りません。それが、お金が無くなってしまう状況になった場合に、お金を借りようとする現象ばかりに身が入ります。お金はドンドン入るときにはプラスのスパイラルへ行きどんどん増えて行くものですが、お金がドンドンない時には、マイナスのスパイラルで、キャッシングで借入ばかりして、いつの間にか借金が膨らんでしまって、返済できなくなっている事もあるのです。

あっちこっちへとキャッシングしたのなら、返済することさえ困って来ます。返済するお金が無いからと、他社からキャッシングして、その借入したお金で返済するっと言った具合のマイナスのスパイラルへはまり込みやすいのです。何とか軌道修正をして返済を終わらせたいと思うのですが、上手く行かないときもあり、それで債務整理をしたら、過払い金請求をしたりして、借り入れた借金が少し減り、そして分割払いも少額となり、利息も債務整理で取り決めた金額以上増える事が無くなるので、キャッシング業者からみたら債務整理は損害になるのです。

そんな状態の債務整理をした時は、きっとキャッシング業者は、睨んだり、怒ったり、嫌な顔や、物言いでもされそうな気がしますが、それが、債務整理の最後に裁判所で対面があり、そのときのキャッシング業者の対応は皆、冷静そのものでした。とても普通に対応してくれましたし、業務上の一環として、とても穏やかに話し合いがスムーズに出来ました。

クレジットカードのキャッシングの債務整理のほうでは、担当の人が、「まだ若いから、これからいっぱいショッピングで、使いたかったでしょうに、気の毒に」っと相手の身になった言動で、優しく声まで掛けてくれました。本来は、キャッシングを借りて使ったのは、こちらの方であり、それを債務整理しているのに、逆に生活を心配してくれてるのです。本当にびっくりしました。

債務整理は、キャッシング業者との話し合いの協議の決着が着くまで、キャッシング業者とは顔を合わせずに、変わりに対応してくれる人が居るのです。だからキャッシング業者に合うのは、和解で話が全部決まってからなので、もちろん、もう決まった事なので、今更ののしったりせずに、穏やかに対応するのでしょうが、それでも債務整理をしている方はとても恐怖に感じるものです。それを、逆にキャッシングが利用できなくて不憫になるねっと、心配してくれるキャッシング業者も居て、本当に身に染みました。

本当は、全うにきちんと完済して、また機会があったらりようするっと言う方向に持って行きたかったのです。それが出来なかった悔しさと、心配してくれてる言葉に心打たれ、債務整理で決まった返済は、しっかりと残りを完済して頑張ろうっと言う気になり、そしてもう今後はこんな債務整理をしないような、生活に変えないと行けないっと心に染み込みました。

キャッシング業者は、全て大手との取引だったからこのような対応をされたのかもしれません。もしも、悪徳業者やブラック企業との対応ならば、きっとこんな風には行かなかったかもしれないでしょう。だから、大手のキャッシング企業の債務整理の対応は、とても業務的な書類の手続きをしているようでしたので、恐くも何も無く、処理を行えました。