銀行のカードローンのメリットとは

消費者金融ではなく、銀行のカードローンを利用することのメリットは何でしょうか。まず大きな安心感があります。消費者金融の中には、今でも不透明なところがあります。大手などは大丈夫でしょうが、不安を抱えながらお金を借りるのはストレスも大きいことでしょう。それに比べて、銀行には絶対的な安心感があります。特に、普段から利用している銀行であればなおさらなことでしょう。そして、口座を持っており、普段から利用している場合は、カードローンを利用する場合に、様々な特典が付いている場合もあります。その意味でもメリットはあります。

二つ目に金利が低く設定されている場合が多いということです。金利に関しては実際に比較してみる必要がありますが、一般的に消費者金融よりも銀行のほうが借入金利が低い場合が多いです。そのため銀行同士の金利比較も重要です。インターネットバンクなどは、通常の店舗がある銀行よりも低い金利を設定していることが多いのでおすすめです。さらに、融資上限が高く設定されていることが多いです。ただし、融資上限は年収や信用度によって大きく左右されるために、初めから高額融資を申し込むと審査が通らなかったり、あるいは融資額を抑えられてしまう可能性があります。総量規制の対象外ですが、だからといって融資上限ぎりぎりまで借りることができるというわけではありません。

では、銀行のカードローンにはデメリットはないのでしょうか。基本的にデメリットはないと考えて良いでしょう。ただ、審査が厳しいというご意見はよく耳にします。これは審査に通らなかった人にとってはデメリットとしてとらえられるでしょうが、審査に通った人にとってはデメリットとは感じないことでしょう。安定した収入があり、過去に金融事故を起こしたことがなければ、それほど審査が難しいと感じることはないはずです。また審査に時間がかかることをデメリットとして挙げる人もあることでしょう。しかし、銀行も最近は審査時間が短くなってきており、即日融資が可能な場合もあります。