銀行でもカードローンの利用ができます。

カードローンというとどうしても消費者金融から借りるというイメージがつきものですが、銀行でもカードローンを利用することができます。専業主婦の方やどちらかというと定収入がない方の場合は、銀行のカードローンの方が、借りやすいです。また、消費者金融だとカードローンの利用ができない人も銀行だと利用ができたという人もいます。これはなぜかというと、貸金業法をもとに営業している消費者金融やクレジットカード会社では、貸金業法で、総量規制の対象かどうかの審査を必要としています。総量規制では、一定の収入があるかどうかも対象となります。そのため、一定収入のある人でないと、総量規制の対象にひっかかりカードローンを利用することができません。なので、収入がまったくない専業主婦の人は、カードローンの利用ができないということになります。

しかし、銀行のカードローンは、総量規制の対象とはなりません。貸金業法に基づいて営業している消費者金融とは異なり、銀行法にもとづいて営業しているため、貸金業法の対象とならないのです。そのため主婦の方でも条件を満たせば借りることができます。ただ、配偶者に安定した収入があるかどうかなどの審査が必要となるため、いろいろな証明書を用意の必要があったりして、通常に借りるよりも時間がかかる場合があります。借りる場合の手続きですが、銀行口座のキャッシュカードや口座を開設していなくてもカードローンを利用することができます。ただ、口座やキャッシュカードを持っていた方が、早く手続きができる場合もあります。また最近は、大手でも、ATMの近くに専用の審査のスペースの場所を設けていますので、最短だとその日に、審査ができたり、利用ができるようになる場合もあります。審査には、個人差があります。ネット銀行だと、ネット上で手続きを完結するところが多いので、外出する必要もなく、審査を受けられ、利用することができます。