bitFlyerの評判を勉強します。ライトニングFXは宿題

bitFlyer

人気のbitFlyerについて当予備校が調査しました。

 

ライトニングFX

ライトニングFXは、国内取引高No.1として知られているbitFlyerで利用できるトレードコースです。アカウントを持っている人が申請することで利用できるようになります。

ライトニングFXにおける最大の特徴は、レバレッジを利用したパフォーマンスの高いトレードが可能で、システムがよく出来ていることから取引高がとても多いのです。レバレッジとは、証拠金を担保にすることで実際の口座残高よりも最大で15倍という額を取引できる仕組みです。1万円を預けていれば15万円分の仮想通貨を取引できます。
利益率は非常に高くなりますが当然リスクも高いので、不必要に大きな金額を取引しないといった管理が必要です。

手数料が安く、売りからも入れるという点もライトニングFXならではの大きな魅力です。

 

手数料

取引において気になる要素の一つが売買手数料です。仮想通貨取引では一般的にどういった売買方法を選ぶかよって手数料が大きく違ってくるので事前に確認しておきましょう。

bitFlyerで仮想通貨を売買するときは、主に簡易取引所、販売所、ライトニング現物、ライトニングFXの4つに分かれます。簡易取引所とライトニング現物取引は取引額の0.01~0.15%、販売所とライトニングFXは基本無料となっています

ただし販売所の場合売値と買値に数%ほどの価格差(いわゆるスプレッド)があるため、一般的にこの販売所を利用するコストは高いと考えておいた方がいいです。手数料を安く抑えたい場合は、個人間同士の簡易取引所やライトニングFXを利用することをオススメします。

 

評判

bitFlyerはCMなども流しているように仮想通貨取引業者の中でも規模が大きい会社であることは間違いありません。仮想通貨の歴史が浅いようにbitFlyerの設立も2014年と新しい会社ですが、業界の先駆者としていち早く個人に仮想通貨取引を提供してきました。

出資者には三井住友やみずほといったメガバンクをはじめ数多くの大手企業があるように高い期待をかけられています。資本金も約40億とお金持ちなので急な倒産を心配する必要はありません。

こういった取引業者を利用して困ることといえばサーバーダウンです。bitFlyerでも極端な値動きが発生した時にサーバーダウンを起こしたことが過去にあります。経験の浅い仮想通貨業者ではこのようなアクセス集中時のサーバー維持がやや心配です。最大手のプライドをかけて早めのサーバー強化を願いたいところです。