私がキャッシングをしたきっかけとキャッシングの体験談

私がキャッシングをするきっかけはギャンブルの所為でした。 元々パチンコや競馬などのギャンブルが大好きで休みの日は頻繁にギャンブルをしていました。 キャシングしたきっかけはある時、パチンコで負けが続いてしまい月々の生活費につい手を出してしまいました。

お金に困り、数万程度ならと思いお金を借りることにしました。 利用したのはモビットという会社です。なぜモビットを選んだのかといいますとモビットの魅力はWEBでの申し込みができること 。またよくキャッシングする際には会社などに連絡がいきますが、モビットのWEB申し込みではそういった連絡がないこと は助かりました。

正直、ギャンブルでお金を借りるという恥ずかしさがあり会社などに連絡はしてほしくなかった為モビットを利用することにしました。 最初にモビットの公式サイトにアクセスして申し込み画面で名前や住所などの個人情報を入力して送信すると 数時間後にモビットから連絡がありました。もっと審査に時間が掛かると思っていたので驚きました。

丁寧な対応で簡単な説明を受け最後にモビットの方から審査に通りましたのでお近くのATMでキャッシングカードを受け取る為の手続きをお願いしますと言われ 、近くのATMへ行きそこでモビットのかたから何回か簡単な質問をされました。その後キャッシュカードが発行されました。

初めてキャッシング会社でカードを作ったので銀行などと違ってこんなに簡単にカードを作れるのかと驚きました。 またモビットではカードが発行されてすぐキャッシングでお金を借りることができます。

インターネットからでもキャッシングや返済も行えますし、借入状況などの情報などもインターネットで見ることができるので大変便利です。 キャッシングする際に大切なのは自分の支払える範囲でお金を借りることだと思います。私は以前自分の給料では払えないような借金を 抱えてしまい返済に大変苦労しました。ある程度計画を立ててお金を借りることが大切だと思います。

キャッシングは借金と思わずに有効に活用する資金である

キャッシングは借金です。それでキャッシングをしているからと言って、借金を持っているとか、借金を背負っているとか、借金で賄っているとか、借金という言葉のフレーズは、どうもマイナス的な意味合いに取られます。

それは、昔からの考え方で、貧困の差が激しかった頃に、借金を持つ人は、身分の低い人や、レベルの低い人っと言うイメージが定着したせいもあると思います。それでは、借金を持たずに生活できている人と言うイメージでは、真面目な人とか、生活態度もよいなどと言われ、借金を持たずに成功している人とは、長けているとか、デキル人などと、借金が有る無しによって世間からこのような目で見られていたようでした。

それが今の時代はどうでしょう。全体的に低迷な世の中であるがゆえに、皆がそれぞれ四苦八苦して生きているのだと思います。そんな中で、借金を持つのは、貧しい人も、余裕がある人も、普通の人も借金の1つくらい持っているのが当たり前になっているようなのです。

それは、貧しい人であれば、生活の費用などでお金の工面のために借金をしていますが、普通に一般人は、車のローン、家のローンなど、後もう少しお金儲けできたら手が届くのにっと言う商品を、借金によって先に手に入れています

そしてお金に余裕のある人は、更なる発展のために、何らかの事業を立ち上げたり、資金を借金してもっと儲かる事を考えて借金をしている人も居るのです。だからキャッシングは借金だっと、悲観的に考えるのでは無くて、有効に活用する為の資金だと捉える人も多くなって来ているのです。確かに、借金をすると、利息が掛かりますので、返済の時にも、余計なお金が必要になります。

しかし、そのお金を手にする事でより良い事ができるのであれば、借金をした方が得策になると思うのです。何故ならば、もしも借金せずに過ごしていると、ずっとそのままの定位置で何も発展も無いのですから、良い先行きを想定して借金する事も良いのではっと思われているのです。

借金をすると、ローンになります。大きなまとまったお金を借りても、返済は少しづつ分割払いの返済であるので、非常に楽な返済方法です。誰にでも無理なく返済できるように組まれたプログラムで、返済金額が決まります。

キャッシングは、自分への自己投資だと思えば、投資されたものが輝く事になるのです。そして頑張りどころでそのお金が良いほうへ傾く事もあるのです。

キャッシング多重債務に陥りやすい人の傾向

お金がある時にはクレジットカードや、キャッシングは急な時など、便利なときがあれば、有効利用と言う形で、利用する人もいたと思います。お金がある人とは、利息さえも考えずに、便利さを優先して、何でも活用していくのです。

そして利便性を活用して使うことに、ステイタスを感じていた人も居ると思います。そんな使い方が出来たのは、お金があるからだと言う人もいます。しかし、これが、全く逆になって、利便性でキャッシングを使うのではなくて、生活に困って、もしくは、無駄使いによって、利用した場合には、きっと先で多重債務陥ってしまう事でしょう。

まず、お金が無い時には、藁をもすがった気持ちで、何処からかお金を簡単に調達できないかとそればかり考えます。それが、すぐに手に入るというのはキャッシングの醍醐味です。だから気軽に借り易いので、ついつい何件もキャッシングで借入してしまうのです。

お金がない時には、頼る人を探しがちです。それは自分にお金が無いので、自信喪失感を持っていて、もっと収入ある仕事をしようっと言う風な考えに至らないからです。お金が無い事によって、自信が無いのに、もっと稼ぐっと言う意欲も沸かないのです。

ただただ、何でも良いから、お金が手に入ることは無いかっと考えてばかり居るのです。お金は、神様、仏様は、分け与えてくれませんので、人に頼るかキャッシング業者に頼るしかありません。それで、周囲に頼る人物が見当たらない場合には、キャッシング業者に頼る形の傾向になりやすいのです。

1社借入して、また足りなければ、また1社と、何件もキャッシング業者をあの手この手で借入してばかりの生活に精を出すのです。それで、気が着けば、もう借入ストップが掛かるほど、何処も借入できないほどに、手一杯に借金が膨らんでいるのです。多重債務に陥る人は、お金が無い事により、頼る術を探す事ばかり脳裏にあるので、キャッシングだけが助けてくれているような気がしてしまうのでしょう。

そこで、もう何処の業者に行っても審査も通らないっとなると、初めて断わられて、多重債務を抱えているっと言う事に気が着くのです。これは依存症状に似ています。もっと早く気が着けば良いのですが、お金が足りない事で、安定していないので、ずっと辞められないのでしょう。

キャッシングの債務整理を担当した人の対応

お金と言うものは、どんどん懐に入って行くと、貯めようとするもので、余りお金に困りません。それが、お金が無くなってしまう状況になった場合に、お金を借りようとする現象ばかりに身が入ります。お金はドンドン入るときにはプラスのスパイラルへ行きどんどん増えて行くものですが、お金がドンドンない時には、マイナスのスパイラルで、キャッシングで借入ばかりして、いつの間にか借金が膨らんでしまって、返済できなくなっている事もあるのです。

あっちこっちへとキャッシングしたのなら、返済することさえ困って来ます。返済するお金が無いからと、他社からキャッシングして、その借入したお金で返済するっと言った具合のマイナスのスパイラルへはまり込みやすいのです。何とか軌道修正をして返済を終わらせたいと思うのですが、上手く行かないときもあり、それで債務整理をしたら、過払い金請求をしたりして、借り入れた借金が少し減り、そして分割払いも少額となり、利息も債務整理で取り決めた金額以上増える事が無くなるので、キャッシング業者からみたら債務整理は損害になるのです。

そんな状態の債務整理をした時は、きっとキャッシング業者は、睨んだり、怒ったり、嫌な顔や、物言いでもされそうな気がしますが、それが、債務整理の最後に裁判所で対面があり、そのときのキャッシング業者の対応は皆、冷静そのものでした。とても普通に対応してくれましたし、業務上の一環として、とても穏やかに話し合いがスムーズに出来ました。

クレジットカードのキャッシングの債務整理のほうでは、担当の人が、「まだ若いから、これからいっぱいショッピングで、使いたかったでしょうに、気の毒に」っと相手の身になった言動で、優しく声まで掛けてくれました。本来は、キャッシングを借りて使ったのは、こちらの方であり、それを債務整理しているのに、逆に生活を心配してくれてるのです。本当にびっくりしました。

債務整理は、キャッシング業者との話し合いの協議の決着が着くまで、キャッシング業者とは顔を合わせずに、変わりに対応してくれる人が居るのです。だからキャッシング業者に合うのは、和解で話が全部決まってからなので、もちろん、もう決まった事なので、今更ののしったりせずに、穏やかに対応するのでしょうが、それでも債務整理をしている方はとても恐怖に感じるものです。それを、逆にキャッシングが利用できなくて不憫になるねっと、心配してくれるキャッシング業者も居て、本当に身に染みました。

本当は、全うにきちんと完済して、また機会があったらりようするっと言う方向に持って行きたかったのです。それが出来なかった悔しさと、心配してくれてる言葉に心打たれ、債務整理で決まった返済は、しっかりと残りを完済して頑張ろうっと言う気になり、そしてもう今後はこんな債務整理をしないような、生活に変えないと行けないっと心に染み込みました。

キャッシング業者は、全て大手との取引だったからこのような対応をされたのかもしれません。もしも、悪徳業者やブラック企業との対応ならば、きっとこんな風には行かなかったかもしれないでしょう。だから、大手のキャッシング企業の債務整理の対応は、とても業務的な書類の手続きをしているようでしたので、恐くも何も無く、処理を行えました。

キャッシングを使うに当たってのメリット、デメリット

一般的に、キャッシングは簡単、便利と有りますが実際には、その後がよくよく考えませんと、その便利が、しまったと言う事にならない様に、気を付けなければなりません。どの様な事が考えられるかと言いますと、一か月当たりの商品購入合計金額になります。

例えば、キャッシングカードが無ければ、通常紙幣もしくは、通貨で商品を購入します。財布に有ります残高から、気に入っている商品を購入して行くわけですが、目の前に有ります金額残高以内に普通は購入します。

ですから、基本的には買いすぎると言う事は有りません。ですが、キャッシングの場合は、与信限度額と言います、実際に残高がない使用できる金額になりますので、いつの間にか、購入しすぎたと言う、心配が出てくる時があります。それは、キャッシングは簡単と言う所から、次々と買ってしまった場合に起きる、現象になります。

ですから、基本的には、現金を持っている時より、もっとキャッシングカードに価値を持ち、できるだけ大切に使用する所が、求められる事だと思います。そのような使い方ができれば、もしかすれば、商品の購入金額が一か月当たり減るかもしれません。それは、充分なキャッシングの機能が、発揮できていると思います。それが、メリットだと考えられます。

ですが、反対にデメリットは、キャッシングカードの便利さだけを考えまして、後でお支払いをすればいいと言う事だけを、思い使ってしまいますと、いつの間にか、高額な請求がくる場合が有ります。カードの貴重さを忘れてしまい、簡単に使えることだけを、利点に購入した事が考えられます。キャッシュカードを使用する事でのポイントが付加されるとか、色々な特典を考えますと、できる限り有効に使用すると考えるのがお勧めとなります。

結局は、商品を購入する際には、カードキャッシングでの利用は、特別な購入方法の一つと、思いながら使う事が理想と考えられます。できるだけ特別意識を持つ事の方が、キャッシングカードの効率的な利用に繋がるのでは、無いでしょうか。