イーサリアムとは?予備校で勉強していってください

イーサリアムとは

時価総額2位のイーサリアム、なぜこんなにも人気になったのか予備校が調査しました。

 

概要

2014年8月にリリースされたイーサリアム(Ethereum)はビットコインと同じようにネットワーク上のブロックチェーンによって管理される仮想通貨のひとつです。仮想通貨全体の中でイーサリアムの時価総額はビットコインに次いで第2位を誇り、国内外の多くの取引所で売買取引が行われています。

イーサリアムはイーサと呼ばれるコイン(ETH)の受け渡しをするだけはでなく、スマートコントラクトと呼ばれる機能を利用するためのプラットフォームが提供されています。スマートコントラクトとは“賢い契約”という意味があり、ブロックチェーン上に記述されたプログラムをネットワーク上で実行する分散型アプリケーションを用いることで契約を自動的に履行させることが可能です。イーサリアムのプラットフォームを活用して、トークンと呼ばれる仮想通貨や証書が発行されています。

 

仕組み

イーサリアムのスマートコントラクトとはブロックチェーン上に契約(プログラム)を記述することができ、特定の条件が満たされた場合にのみプログラムが自動的に実行(契約の履行)が行われる機能です。

この仕組みは自動販売機にお金を入れてボタンを押せば商品やお釣りが出て来るのとよく似ています。例えばブロックチェーン上に“特定の日にち・コインアドレスに指定した金額を送金する”という内容を記述しておけば、指定した日に自動的に実行されます。

ビットコインの場合は人間がお互いの合意にしたがってコインの取引を行う必要がありますが、イーサリアムは事前に契約書を作成すればネットワーク上のプログラムが自動的に契約内容を履行してくれます。契約が履行されるために人間を信用する必要がないという特徴があります。

 

将来性

イーサリアムのプラットフォームは既に多くのサービスや取引に活用されていて、ベンチャービジネスの事業資金の募集や各種のサービスに実際に利用されています。これに加えて内部通貨のイーサ(ETH)は国際送金や他のアルトコインとの交換に利用されており、基軸通貨であるビットコインに近い使われ方をしています。

2018年には大型のアップデート「セレニティ」が実施される予定です。このアップデートが成功すればブロック生成時間が短縮されるため、送金処理能力が大幅に向上することが期待されます。イーサリアムのスマートコントラクト機能が活躍する分野が多く存在するので、今後も普及が進んでコイン価格の値上がりが予想されています。

 

ビットコイン取引所の手数料を当予備校が比較

ビットコイン取引所

ビットコイン取引所の比較について予備校が勉強した知識を公開します。

 

ビットコインを買うならZaif

マイナス手数料で取引を行う事が出来るので、取引回数が多い程、有利になるのがZaifです。マイナス手数料はビットコインのみですが、取扱している通貨の種類も国内では数多くあるので、ビットコイン以外の取引にもお薦めです。

アルトコインやトークンの手数料も販売所ではないので、安くなっており、売買を楽しむ事ができます。

ビットコインに関しては信用取引も行う事が出来るので、少額の資金で大きな利益を出したい場合にもZaifはお勧めの取引所になります。また出来高によって還元キャンペーンも行われている事があるので、キャンペーンが開催されている時期には手数料を気にせず取引をする事ができます。国内ではお勧めの取引所の一つです。

 

人気のリップルはGMOで

GMOはビットコイン以外にも様々なアルトコインを取扱しており、上場されたばかりの通貨はキャンペーンを行っている事が多いので、手数料も安くなります。

リップルはスプレッドも小さく取引する事が出来るキャンペーンを展開されていました。スプレッドが小さければ小さいほど、手数料も安くなり購入できる通貨の枚数が増えるので、リップルを購入する場合はGMOを利用すると購入できる枚数が多くなります。

取引所ではなく販売所になるので、ユーザー間の売買をする訳ではない為、安定して通貨を購入する事が出来るのもお勧めできる点です。流動性の高い通貨を取扱しているので、将来性の高い通貨を購入する事が、出来るようになっています。

 

最安はBINANCE

手数料を最安値で利用したい場合にはBINANCEがお薦めです。国内取引所ではありませんが、日本語にも対応しているので、国内取引所と同じ様に利用する事ができます。

通貨ペアの種類も多いので、自分が所有している通貨の中から好きな通貨ペアを選んで取引を行えるので、安心です。更に手数料が国内に比べると段違いに安いので、デイトレードなどの方法を利用される方にも向いている取引所になっています。

二段階認証とパズル認証を採用しているので、国内以上にセキュリティ面は安心です。登録時には身分証明書をアップロードしなくても直ぐに利用する事が出来るので、国内取引所より利用自体もしやすくなっており、初めて海外取引所を作る方にもお薦めです。

 

 

GMOコイン

GMOコイン

 

特徴

GMOコインはビットコインをはじめとする仮想通貨/暗号通貨の取引所です。最初はビットコインのみでしたが、次々と新しい銘柄の追加を予定しており、アプリや各種ツールの開発・充実を進めています。24時間365日手軽に売買でき、一番の強みは「仮想通貨FX」ができることです。

さらにスプレッドがとても低いのです。スプレッドとは通貨を売る時の値段と、通貨を買う時の値段の差のことですが、この差が大きいほど仮想通貨を売買する時に損をしてしまいます。ですが、GMOコインの場合は価格を6秒固定となっているため、狙った通りの価格で注文できる仕組みとなっているのです。

また提供しているアプリは相場変動を逃さないスピード注文できるよう1クリックで売買できるようになっており、扱えるチャートが9種類もあり見やすさを重視したものが多数用意されています。

 

手数料が無料

そして一番の注目は手数料が無料ということです。なので少額の運用でも利益を出しやすくなっています。さらに現物との取引手数料も無料です。

手数料がかかると累積でかなりの金額になり、せっかく黒字になっても結構な痛手になってしまいます。ですので、GMOコインのように手数料無料の取引所というのは、仮想通貨の運用が非常にし易いと言えます。一方で手数料が無料だからと言ってサポートがしっかりしていないのではと不安になりますが、WEBチャットでのサポートが非常に人気です。

また対応がとても早く日本語でも大丈夫なので安心して使えます。たまセキュリティもしっかりしています。仮想通貨はコールドウォレットで保管されているため、オンラインで繋がっておらずハッキングなどによる攻撃を受けることがありません。

 

評判

GMOコインはGMOクリック証券などの営業実績があることや、スプレッドのお得さなどが注目されかなり評判がいいです。またアプリの使いやすさ・見やすさを評価しているユーザが多数います。特にFXのアプリと似ているところが非常に評価されています。

一方でビットコインFXのスプレッドが急に5,000円になったりとシステム的な問題が発生したことや、決済エラーが起こったなどの事象も報告されており炎上したことがあります。システムエラーによる損失は補償してくれますが、このようなリスクがある点も把握しておかなければいけません。賛否両論ありますが、特に初心者の方にとっては簡単に開設ができ、操作も簡単なので一度トライしてみる価値はあります。

 

zaifについて予備校が研究しました。

zaif

Zaif(ザイフ)は中級者以上の仮想通貨トレーダーに好まれています。その評判を勉強します!

手数料が安い

zaifで仮想通貨を買う時に板を眺めていると現在値よりも安く買いたいと考える人は多いです。逆に売却したいと考える方はもっと高く販売したいと考えます。売却したい人と買いたい人の現在の価格より有利な指値でビットコイン購入後、注文を約定したときにはマイナス手数料がもらえるのがzaifの特徴です。

これは手数料が貰えるサービスで取引量に応じて比例していくといったシステムを採用しています。例えば取引に失敗しても残高が残っていくので実質損害は少ないです。大体0.1%位の金額となっているのでお小遣い程度のお金と考えてくのが適切といえます。既に並んでいる数字を買ったり売ったりするとテイカー、ない数字を買ったり売ったりする場合はメイカーと呼ぶので覚えておくと良いです。

 

トークンも買える

インターネット上にある仮想通貨取引所のzaifではZaifトークンと呼ばれるものを発行しています。これは他の仮想通貨と同様の商品でzaifオリジナルのものです。トークンはデジタルに価値を記録するもので物やサービスと交換して使えます。一般的な仮想通貨との違いは既存のブロックチェーン技術を使って作られている部分です。

普通のものだと新規のブロックチェーンを使う基軸通貨として存在しています。2016年の7月に誕生した新しい通貨で同年の8月21日には2.5円ほど価値が上昇しているのが特徴です。期待感が高まり価格が上昇したことが原因となっています。2017年の段階でZaifトークンが使えるサービスはCOMSAのみとなっていますが、今後は増えていく可能性が高いです。

 

評判

日本国内に数多くある取引所の中でも仮想通貨をしている人たちに人気なのがzaifです。ここはビットコインの手数料がマイナスになるといったメリットがあるので、できるだけ安く仮想通貨を購入したいときに役立ってくれます。またモナーコインなどのビットコイン以外の現物取引にかかる手数料はマイナスにはならないので注意してください。

取引所としては珍しく仮想通貨の積立サービスzaifコイン積立と呼ばれるものも行っています。毎月一定額が指定の銀行口座から引き落とされるもので自動的に買い付けを行うのが特徴です。毎回購入する手間を省ける斬新なシステムで好評を博しています。この買い方はドルコスト平均法と呼ばれる投資手法の1つで安定した利益を得られるのがメリットです。新しいスタイルを数多く取り入れているので注目のサービスとなっています。

 

bitFlyerの評判を勉強します。ライトニングFXは宿題

bitFlyer

人気のbitFlyerについて当予備校が調査しました。

 

ライトニングFX

ライトニングFXは、国内取引高No.1として知られているbitFlyerで利用できるトレードコースです。アカウントを持っている人が申請することで利用できるようになります。

ライトニングFXにおける最大の特徴は、レバレッジを利用したパフォーマンスの高いトレードが可能で、システムがよく出来ていることから取引高がとても多いのです。レバレッジとは、証拠金を担保にすることで実際の口座残高よりも最大で15倍という額を取引できる仕組みです。1万円を預けていれば15万円分の仮想通貨を取引できます。
利益率は非常に高くなりますが当然リスクも高いので、不必要に大きな金額を取引しないといった管理が必要です。

手数料が安く、売りからも入れるという点もライトニングFXならではの大きな魅力です。

 

手数料

取引において気になる要素の一つが売買手数料です。仮想通貨取引では一般的にどういった売買方法を選ぶかよって手数料が大きく違ってくるので事前に確認しておきましょう。

bitFlyerで仮想通貨を売買するときは、主に簡易取引所、販売所、ライトニング現物、ライトニングFXの4つに分かれます。簡易取引所とライトニング現物取引は取引額の0.01~0.15%、販売所とライトニングFXは基本無料となっています

ただし販売所の場合売値と買値に数%ほどの価格差(いわゆるスプレッド)があるため、一般的にこの販売所を利用するコストは高いと考えておいた方がいいです。手数料を安く抑えたい場合は、個人間同士の簡易取引所やライトニングFXを利用することをオススメします。

 

評判

bitFlyerはCMなども流しているように仮想通貨取引業者の中でも規模が大きい会社であることは間違いありません。仮想通貨の歴史が浅いようにbitFlyerの設立も2014年と新しい会社ですが、業界の先駆者としていち早く個人に仮想通貨取引を提供してきました。

出資者には三井住友やみずほといったメガバンクをはじめ数多くの大手企業があるように高い期待をかけられています。資本金も約40億とお金持ちなので急な倒産を心配する必要はありません。

こういった取引業者を利用して困ることといえばサーバーダウンです。bitFlyerでも極端な値動きが発生した時にサーバーダウンを起こしたことが過去にあります。経験の浅い仮想通貨業者ではこのようなアクセス集中時のサーバー維持がやや心配です。最大手のプライドをかけて早めのサーバー強化を願いたいところです。

coincheckの評判を勉強します!メリットいっぱい

coincheck

 

 

チャートが見やすい

 

coincheckでは多くの銘柄を買い求める事ができるのですが、どのような銘柄であっても購入後に所有しているコインの価格が上昇もしくは下落しているのかが気になるものです。

しかも取り扱いしている種類が多いとなればチェックすべき情報も多くなるという事になりますが、情報量が増えてしまうと指針になるチャートが難しくなり今後の予定が立てにくくなります。

しかし、coincheckのアプリを利用すればチャートが見難くて適切な判断をするのが難しいといった事は無く、極めてシンプルな様子になっているので初心者であっても現状が理解しやすいです。一目見て現況を知る事が可能なので、出先でアプリを使い情報を調べてアクションを起こす際にも迅速です。

 

手数料

 

複数ある仮想通貨の中でcoincheckの手数料は高いという特徴があり、コンビニでの入金の場合は3万円未満であれば756円でそれ以上だと1000円となり、50万円を超すようなら入金する金額に対して0.1を掛けて計算されます。

そして出金については日本円なら400円でアメリカドルなら2500円なのですが、単独で見ると突出したものであるのかがわかりにくいものの、仮想通貨の全体を見ると高いのは間違いありません。

また、現金を送金するといったサービスは行われていないため仮想通貨を用いて送金手数料を支払うという事になりますが、メジャーやマイナーといった銘柄に関わりなくどういったコインに対しても高めになっています。

 

評判

 

既に他のコインの実情も理解している人ほど手数料の面を考えると利用する事を考えてしまいますが、ユーザーからの評判は概ね良好です。

やはりデザイン性が良い様子が評価されており、優れたデザインによって生み出される高い操作性というのが付加価値を生んでいて手数料の高さをカバーしています。

また、一箇所のみならず複数箇所の取引所に対して口座を設けている方も増加していますが、複数の管理をしている方はチャートのチェックはcoincheckで済ませるという方もよく見られます。

さらに他社のサービスから仮想通貨を始めたものの理解しにくくて挫折してしまったという方でも、グラフなどが見やすいアプリのお陰もあってすっかりヘビーユーザーになれたという口コミもあります。

ビットコインとは?ビットコインの概要から購入方法まで教えます

ビットコインとは

現在100万円を切っているビットコイン価格ですが、そもそもビットコインって何?と聞いて説明ができますか?子供に聞かれてもちゃんと答えられるように勉強しましょう。

 

概要

 

ビットコイン、という名前は最近のテレビコマーシャルや経済ニュースなどで多くの方が目にしているはずです。しかし、どういうものか今一つ分からないという方も多いということで、わかりやすくその仕組みを見ていきましょう。

ビットコインは基本的には仮想通貨であり、紙幣や硬貨のような実物があって触れるお金とは根本的に違います。コンビニエンスストアや駅、バス乗車などで使用できる各種の電子マネーと近いものであり、発行元は国や政府ではない点も特殊です。

そうなると偽造などの心配があるのでは、と思う方もいるかもしれませんが、ビットコインは特別なセキュリティシステムで取引やコインの流れを監視しているため不正をするのはとても難しく、安心して使える通貨となっています。

 

仕組み

 

ビットコインは、国や大きな機関といった発行元を持たない、信用の後ろ盾がない状態の通貨です。またデータの形で存在しているため、偽造や数値の改ざんといった事態に脆そうに思えますが、実際にはしっかりとしたセキュリティシステムを備えています。

通常、管理のシステムが中央管理タイプですとその部分がハッキングされてしまえばすべてを掌握されてしまう危険があるのです。しかし、ビットコインはネットワーク上のさまざまな場所に管理システムを分散させているため、そのすべてを同時に操らない限り改ざんなどを行えないようになっています。正しい情報が記載された台帳が一冊ではなく、色んなところに存在するため不正が出来ない、というわけです。

 

購入方法

 

ビットコインは通貨でもありますが、投資の対象としても人気が高まってきています。とはいえ現物は現実世界に存在しないので、購入したいと思った場合どこでも買えるわけではありません。

現在ビットコインの購入が出来るのは、取引所として認可されているいくつかの業者を通してのみです。海外にも取引所は存在しますが、かなりの英語力を必要としますので自信がない場合は国内の業者を利用しましょう。

それぞれの業者ごとにアカウントを持ち、そのアカウントに入金することでビットコインを買うことが出来ます。投資の対象ともなっているためビットコインの値動きはかなり激しく、買い時をしっかりと見極めてから手に入れるようにするのがおすすめです。

カードローンがおすすめの理由について

急にお金が必要になった時、預金口座に現金がない、お金を貸してくれる肉親が近くにいない時など、カードローンを利用するのがおすすめです。即日融資対応、申し込みの際に保証人や担保が不要、借りたお金の使い道は事業性資金以外の用途で問われないなどの魅力がカードローンにはあります。さらに、審査速度が速いので利用の可否が最短30分で分かる消費者金融や銀行が増えていますし、ネットでの申し込みが出来る、来店不要で融資までを短期間に行ってくれる所も多くなっています。カードローンが良い、おすすめする理由は簡単に申し込みが出来る方法が用意してある点、利用使途が原則自由になるなどだけではありません。フリーローンもネット申し込みが出来る、即日融資を受ける事が出来る、フリーローンと呼ぶローン商品になるので利用使途が原則自由になるなどの共通点があるので、カードローンだけではなくフリーローンもおすすめのローン商品になります。

しかし、フリーローンの場合は50万円の融資を受けた後は、返済を行いすべての元金を返し終えると、その時点で契約が満了となります。これに対して、カードローンは元金全額返済した時には、再び50万円などの利用枠内でお金を借りる事が出来る仕組みになっています。フリーローンで再びお金を借りたい時には申し込みを行う、審査を受ける、契約を結ぶなどが必要になりますが、カードローンの場合は利用枠内で繰り返しお金の融資を受けられるなどのメリットがある事からもおすすめのローンになるわけです。ちなみに、申し込みが出来る人の条件は、消費者金融や銀行などに応じて様々です。基本的には20歳以上の人、安定した継続収入が見込める人を対象にしていますが、アルバイトやパート収入の人でも申し込みが出来るケース、専業主婦でも配偶者に安定継続収入があれば申し込みが出来るケース、年金受給者でも申し込みが可能なカードローンもあります。幅広い人々が使えるのもカードローンのおすすめ理由の一つです。

銀行でもカードローンの利用ができます。

カードローンというとどうしても消費者金融から借りるというイメージがつきものですが、銀行でもカードローンを利用することができます。専業主婦の方やどちらかというと定収入がない方の場合は、銀行のカードローンの方が、借りやすいです。また、消費者金融だとカードローンの利用ができない人も銀行だと利用ができたという人もいます。これはなぜかというと、貸金業法をもとに営業している消費者金融やクレジットカード会社では、貸金業法で、総量規制の対象かどうかの審査を必要としています。総量規制では、一定の収入があるかどうかも対象となります。そのため、一定収入のある人でないと、総量規制の対象にひっかかりカードローンを利用することができません。なので、収入がまったくない専業主婦の人は、カードローンの利用ができないということになります。

しかし、銀行のカードローンは、総量規制の対象とはなりません。貸金業法に基づいて営業している消費者金融とは異なり、銀行法にもとづいて営業しているため、貸金業法の対象とならないのです。そのため主婦の方でも条件を満たせば借りることができます。ただ、配偶者に安定した収入があるかどうかなどの審査が必要となるため、いろいろな証明書を用意の必要があったりして、通常に借りるよりも時間がかかる場合があります。借りる場合の手続きですが、銀行口座のキャッシュカードや口座を開設していなくてもカードローンを利用することができます。ただ、口座やキャッシュカードを持っていた方が、早く手続きができる場合もあります。また最近は、大手でも、ATMの近くに専用の審査のスペースの場所を設けていますので、最短だとその日に、審査ができたり、利用ができるようになる場合もあります。審査には、個人差があります。ネット銀行だと、ネット上で手続きを完結するところが多いので、外出する必要もなく、審査を受けられ、利用することができます。

カードローンの返済方法について

カードローンは借りたお金の利用目的を問われないと言う特徴が人気を集める金融サービスの1つとして、既に定着しています。一度契約をすれば借入限度額までは自由に利用することができるという仕組みになっていますので、とても利便性が高いのが特徴となっています。また借りたお金の返済方法についても実に融通が利く仕組みになっているため、お金に困っている人にとっては非常に魅力的なサービスであると言えるのです。

カードローンの返済については毎月の約定返済と、任意で行える繰り上げ返済の2つが存在しています。約定返済の場合には借り入れ残高に応じたスライド返済と呼ばれる仕組みが採用されています。この仕組みは借り入れ残高に対して返済する金額が定額、または提出で設定されている仕組みのことです。一般的には借り入れ残高に対してかなり少ない金額の返済で済ませることができるため、お金を返すペースが苦しくないと言うのが魅力となっています。

しかしながらカードローンのようなキャッシングサービスの場合には借り入れ残高に対して利息がつく仕組みになっていますので、この緩やかにお金を返していけると言うシステムを利用すれば当然の結果として利息も大きくなってしまう結果になるのです。カードローンの金利は一般に高めに設定されているため、返すことができるのであれば少しでも早めに返していく姿勢が大切になると言えるでしょう。

この仕組みを上手に活用するためには、資金に余裕がある際には繰り上げでお金を返していく姿勢を重要視しなければなりません。そのため少しでも利用しやすい場所にATMがあるカードローンサービスを選択することが大切であるといえます。毎月定額、あるいは定率でお金を返していけば良いと言う仕組みは資金がないときには非常に魅力的です。しかしながらその結果として利息が発生すると言う事は最低限理解しておかなければならない事の1つであるといえます。